スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
。。。(つД`)・゚・
今日もニュースは地震関連・・・・
また泣いてしまった。。。
毎日ニュース見て泣いてしまうのです。
行方不明の孫を探すおじいちゃん。
娘さんと孫二人は折り重なるようにして発見され、孫さん一人だけが行方不明で毎日探し歩いているとか・・・
涙が流れてしまいす。
だからニュースは見たくない。
情報だけを流してくれればいいじゃない!
悲しい状況を流したとて亡くなった方が戻る事はないのに。。。。
弱い私は現実から逃げてしまいたい。
TVはつけたくない。
こんな私を軽蔑しますか?
でもそれが私・・・
ごめんなさい。

mokuren.jpg
スポンサーサイト
【2011/03/25 19:15】 | 由なし事 | page top↑
才ノヽ∋―_φ(゚▽゚*)♪

こちらに引っ越してきたのは元書いてたブログが閉鎖の為でした。

でも元ブログのお引越しがこちらのブログに対応したので
過去記事もお引越ししてくる事にしました~^^

やはり過去に決別できない弱いσ(・・。)

暫くは(*゚・゚)ンッ? な記事が上がると思いますが
ご容赦願いますm( __ __ )m




gindokei2-.jpg
【2010/03/03 08:25】 | 由なし事 | コメント(6) | page top↑
お久しぶりです^^
皆様ご無沙汰しております^^;
ちとバタバタしておりまして、凹みぎみですが一応元気にしております。

撮影も行きたい、ネットもしたい、編み物もしたい・・・と色々思いますが、まぁ仕方ないと諦めて日々ボケボケ流されて過ごしております。(;-_-) =3 フゥ

こんなんではいけないとおもいつつ、春はいつもこんな調子でダメ! (T∇T )( T∇T) ダメ! なσ(・・。)

木の芽時は何かがおかしくなってしまいます。。。

春はメランコリック・・・
そんな歌が昔あったような。。。。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`;) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、・・・

お花が咲いても暖かい風が吹いても何だかσ(‐_‐)ワタシの心の上を素通りして行き、
空元気を出してみても疲れてしまい、呑んだくれて爆睡。。。
毎年の事ながら今年はちとキツイみたい・・・
(ノ_-;)ハア… 




毎日猫達と(● ̄  ̄●)ボォ----としてたい~~~~~~!!!!!!!




egonoki2.jpg

【2010/03/01 11:37】 | 由なし事 | コメント(4) | page top↑
(w_-; ウゥ・・
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
【2010/01/21 19:49】 | 由なし事 | page top↑
ちょっと。。。

 
 
 
先日読んだ本で知ったのですが、
 
神社などに阿吽で座ってる狛犬ちゃん
 
あれは阿も吽も両方狛犬だと思ったら違ったのです!
 
で、検索してみました^^
 
 (*゚.゚)ホ・(*゚。゚)ホーーッ!! の結果は↓^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

人類文明発祥の地、エジプトやメソポタミヤでは、王が座る玉座の装飾に百獣の王であるライオンを用いました。


聖獣として玉座にあしらい、王の権勢を高める獅子座の考えが成立し、また守護の聖獣として醸成されて、スフィンクスや城を守る獅子門なども造られました。

 

中国にはオリエントから直接伝来した獅子像とインドから仏教に伴った獅子座の流れがあります。


中国に来たライオンは中国古来の霊獣と同化して邪気を祓う守護獣の唐獅子として日本に渡ってきました。

 

狛犬(こまいぬ)は朝鮮半島から日本に渡って来たので「高麗(こま)犬」が「狛犬」に転訛(てんか)したとか、単に異国から来た犬の意味とか諸説があり、定かでありません。

 

当初、宮中では中国の制度様式に倣って守護・魔除けの霊獣として御簾や御帳の鎮子(重石)に用いたり、紫宸殿(ししんでん)の賢聖障子などにも描かれました。

 

「獅子・狛犬」と別々に呼び、異なる動物と考え、左に獅子、右に狛犬を一対で配していました。

 

狛犬は一角獣で古い狛犬ほど角は長く逞しいのですが、時代が経つにつれ退化して獅子との区別が無くなり、呼び名は逆に狛犬だけになりました。

 

伝来した仏教は日本古来の神と融合調和され、神仏習合が行われていました。


今でも東大寺の南大門には運慶・快慶作の「仁王像」と共に「狛犬」が鎮座しています。

 

神社仏閣に「狛犬」と「仁王」が区別なく置かれていましたが、明治初年の「神仏分離令」により神社には「狛犬」、寺院には「仁王」と分かれて置かれるようになりました。

 

「仁王」は金剛力士とも呼ばれ仏法や伽藍を守護する役目です。また、身体健全・健脚の功徳があると言われています。


一対の狛犬や仁王は、口を開けている方を「阿」、閉じている方を「吽」と呼び、万物の初めから終わりまでを象徴すると言われます。

 

渡来文化が長い時間をかけて日本文化に深く溶け込み醸成され「狛犬さん」・「仁王さん」と親しまれてきました。

 

 

 

 

 

 

どうです? ^^

ちょっとお勉強でしたw

【2009/05/01 18:16】 | 由なし事 | コメント(14) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。